ホーム企業型確定拠出年金加入者サービス加入者教育

加入者教育

「わかりやすさ」と「継続性」を重視した野村の投資教育

だからわかりやすい!野村の教育プログラムの特徴

ポイント1

対面セミナー

講師に直接聞けるから、わかりやすい!

年金や運用についてあまり知識をお持ちでない方の目線にあわせた平易な言葉でご説明します。

ポイント2

オリジナルの教育ツール

野村の豊富なノウハウを元に作られたオリジナルの教育ツールを使用します。

ポイント3

経験豊富な講師陣

講師は全て当社内の専任講師です。 経験豊富な講師がきめ細やかに対応します。

「継続教育」のための、様々なアプローチ

ポイント1

豊富なプランとカリキュラム

制度開始後に継続して提供する投資教育について豊富なプランとカリキュラムを持っています。

ポイント2

加入者動向分析に基づいた継続教育

導入後の加入者の動向に基づいた適切な継続教育の提案をいたします。

ポイント3

1人でも利用できる媒体の活用

対面セミナーに加えて、eラーニングや、漫画の入門本等、様々な媒体を使った継続教育をしております。

なぜ継続教育を行うことが重要なのでしょうか?

確定拠出年金は60歳まで続く制度

「確定拠出年金の導入」はゴールではなく、スタートです。加入者教育も導入後の継続教育を充実させることがより重要といえます。

加入者は残高を見て初めて実感します

導入時はまだ自分の残高はありませんから、教育を受けても実感がありません。半年後、一年後に残高を見て初めて興味がわいてきます。

だから、継続的な教育制度が必要なのです。