ホームiDeCoとは税制メリット

税制メリット

個人型確定拠出年金には3つの税制優遇措置があります!

  • どのくらいお得になるの?節税メリットシミュレーションどのくらいお得になるの?節税メリットシミュレーション

ポイント1

掛金が全額所得控除!

iDeCoで積み立てるだけでお得!!所得税と住民税が軽減されます。

例えばAさんの場合

  • 40歳
  • 自営業(年収700万)
  • 既婚・共働き
  • 子供2人
  • 所得税率20%・住民税率10%

毎月6.8万円ずつ拠出した場合の軽減効果(概算)

  • 1年あたりの所得税・住民税の軽減効果・・・・24.48万円
  • 60歳まで20年間継続の場合の軽減効果・・・・489.6万円

例えばBさんの場合

  • 30歳
  • 会社員(年収500万)
  • 既婚・共働き
  • 子供なし
  • 所得税率10%・住民税率10%

毎月1.2万円ずつ拠出した場合の軽減効果(概算)

  • 1年あたりの所得税・住民税の軽減効果・・・・2.88万円
  • 60歳まで30年間継続の場合の軽減効果・・・・86.4万円
  • 所得税率は課税所得によって異なります。住民税率は一律10%としています。
  • 掛金を一定とした場合の試算です。
  • 復興特別所得税は考慮していません。

ポイント2

運用益は非課税

一般の金融商品は、利息などに税金(源泉分離課税20%)がかかりますが、確定拠出年金制度では、運用益は非課税です。税金で差引かれるはずの金額も運用に回せますので、複利効果は絶大です。

  • 復興特別所得税は考慮していません。
  • 特別法人税は課税凍結中です。

運用益非課税の効果

  • (例)
    毎月3万円を30年間積み立て、年率3%で運用した場合
  • 年初に1年分を拠出した前提で試算。
  • 各種手数料は考慮していません。
一般の金融商品で積立・運用 約1,593万円(運用益に20%課税) iDeCoで積立・運用 約1,764万円(運用益は非課税) 171万円お得!

ポイント3

受け取る時にも税制優遇!

個人型確定拠出年金は、年金として受け取ることも、一時金として受け取ることも可能です。受け取り方で税金の扱いは異なりますが、どちらの場合でも優遇措置が受けられます。

年金として受け取る場合

他の公的年金と合算して「公的年金等控除」が受けられます。

一時金として受け取る場合

退職金などと合算して「退職所得控除」が受けられます。

  • どのくらいお得になるの?節税メリットシミュレーションどのくらいお得になるの?節税メリットシミュレーション
  • 今スグはじめたい!「お申込みキット」を請求今スグはじめたい!「お申込みキット」を請求

野村確定拠出年金ダイヤル

0120-999-401

平日 9:00~21:00土日 9:00~17:00
祝日・年末年始を除く
利用の際には、電話番号をお間違えのないようご注意ください。